ブライダルフェア・見学ご希望のお客様 0120-687-088
ご成約済み・ご列席のお客様/その他のお問い合わせ 0120-507-717
WEBからのお問い合わせ

STAFF BLOG スタッフブログ

2020.11.26

日本らしい、和装のご紹介

皆様こんにちは!
本日はその美しさが見直され、人気を集めている和装についてご紹介いたします♪

日本人に生まれ、伝統の衣裳で門出を迎えるというのはごく自然なことです。
でも、現代では耳慣れないことばも多く、当日は大変なのでは?と不安をもつのも現実ですよね。
着物には古来から伝わる柄の意味や、道理にかなったいわれなどが言い伝えられております。
それらを知っているともっと衣裳選びが楽しくなるはずです!

現在の婚礼衣裳には3種類の着物がございます。

○白無垢:武家社会の流れを汲む婚礼のための正礼装。
着物から掛下(着物の中に身につける着物)、帯や小物に至るまで白で揃え、汚れのない白は花嫁の無垢な純さを表し「嫁ぎ先の色に染まる」という意味がございます。

○色打掛:白無垢と同様に正礼装。
色鮮やかな着物を掛下に羽織って着ます。
最近ではオーガンジーという透け感のある素材などもありデザインが多様化しております。

○振袖(引き振袖):未婚の女性の第一礼装。
翌日からミセスになる花嫁様にとって着られるのは結婚式が最後になります。
裾を引きずるように着たものを引き振袖といいます。
成人式などでご両親様がご用意してくれた思い出の振袖やご実家に代々伝わる振袖を婚礼衣裳として着ていただくのもとっても素敵ですね☆

ドレスショップエドゥでは着物に合わせ、お好みで小物や掛下をお選びいただき、よりおふたりらしいアレンジをして衣裳をお召しいただけます!
ひとつひとつの衣裳に隠された日本女性の奥ゆかしさを感じ取りながら、和の装いに身を包んでみるのはいかがでしょうか♪